車検について

1.車検は、国で定められた検査です。

車検とは、自動車の安全性の確保と公害防止のために「道路運送車両法」に定められた、「保安基準」に適合しているかどうかの車両検査です。 この車の検査は、国が実施を義務付けており、検査に合格しないと一般公道での車の使用は出来ません。ですから、保安基準に適合するために、車検時に点検・整備をします。 もし、保安基準に適していない部分があれば、整備をして保安基準に適合するようにしなければいけません。 車検とは、あくまで、「検査」をすることであり、「整備」をすることではないのです。

2.もし、車検が切れると

車検が切れると一般公道を走行できません。
もし、車検切れの車に乗ると

道路交通法の処罰の対象となり違反点数6点で一発免許停止90日
また、反則金を納めるだけでなく刑事裁判を受けることになります。

車検が切れてしまった場合は、業者にいらして積載車やレッカー車で車両を運搬してもらうか
臨時運行の許可(仮ナンバー)をもらって公道を走らなければなりません。
臨時運行許可証(仮ナンバー)は、市町村役所の総務課などで取扱っています。 手続きに必要なものは、車検証・自動車損害賠償責任保険証・印鑑です。また、自賠責保険の期間が切れている場合は自賠責保険に加入する必要があります。

■車検料金に必要な公的費用

  1. 自動車損害賠償責任保険料(強制保険)
  2. 自動車重量税(国税)
  3. 印紙税(検査手数料)
  4. リサイクル料金

この金額はユーザー車検でもどこのディーラー・整備工場でも同じです。ここから先の車検に伴う点検整備代が各工場によって変ってくるのです。

3.もうすぐ車検、いつから車検を受けれるの?

車検の有効期限が過ぎる1ヶ月前から可能です。早く受けても車検満了日から2年間有効なので、次の有効期間が短くなることはありません 。

車検について問い合わせる

オートヘルメスの「車検」

「車検」は「陸運局指定認証工場」で

重要保安部品※ブレーキの分解整備を行えるのは国から認められた工場だけです。

ユーザー車検との違いは分解整備を行っている事

国の認証工場ではない「車検の窓口」となっているガソリンスタンドや修理工場がやっている「ユーザー車検」というのは、「車検に受かる最低限」の基準を満たさせるためだけの車検です。法令点検付の車検との大きな違いは「ブレーキの分解整備」をしているかしていないかになります。ブレーキは自動車を停止させるための大変重要な部分になります。ブレーキをしっかりと点検・整備しているかしていないかは自動車の使用者にとって大きな問題ではないでしょうか? ブレーキ等の重要保安部品は国から定められた認証工場でなければ整備してはいけません。 ですから、皆さんの安全のためにも、国の許可を受けている認証工場での車検整備をお勧めします。

お客様の観点に立ったプロのアドバイス

オートヘルメスでは、プロの整備士がオイルの漏れやベルトの張り具合・ブレーキの効き具合をひとつひとつ点検・調整を行います。しかし、汚れてもいないのに「汚れているから交換したほうが良い」などと虚偽の説明をして、お客様に不安感をあおらせて交換作業をするようなことは一切いたしません。 「今すぐ」交換が必要なもの、交換しなければ検査に合格しない場合はその理由を分かりやすくご説明します。「まもなく」交換が必要パーツについては、適切な交換時期を説明し、ユーザー様にどうするかを確認します。

車検の流れ

1.お見積もり・ご予約

まずは無料お見積もり、車検日のご予約をしていただきます。
こちらのフォームよりご予約・お見積もりができます。

2.車検当日

【検査項目】

  • ファン・ベルトの組み、損傷
  • エア・クリーナ・エレメントの汚れ、詰まり
  • ショック・アブソーバーの損傷、オイル漏れ
  • ブレーキ・パッドの磨耗
  • ドライブ・シャフト、ユニバーサル・ジョイント部のダスト   ブーツの亀裂、損傷
  • バッテリーのターミナル部の組み、腐食
  • パーキング・ブレーキ・レバー(ペダル)の引きしろ(踏みしろ)
  • タイヤの深さ、異常な磨耗
  • トランスミッションのオイル量
  • エキゾースト・パイプ、マフラの取り付けの緩み、損傷
車検検査項目

【ご用意いただくもの】

書類名 内容・備考
車検証(自動車検査証) 最新のもの(コピー不可)
(旧)自賠責保険証 領収書だけ又は証紙のコピーは不可
自動車税納税証明書(継続検査用) 最新のもの(コピー不可)
印鑑 (会社名義の場合のみ) 使用者の印・検査申請書に押します
法定費用(または車検費用) 原則現金で頂きます(自賠責・重量税・印紙代・リサイクル料

※領収書ではなく、継続検査用と書かれたもの。(※軽自動車は一枚で兼用となっています)
※ホイールにロックナットを装着している場合はアダプターをご用意ください
※自賠責保険証がない場合は、25ヶ月(貨物なら13ヶ月)にて発行させていただきます

3.車検完了・ご報告

車検が完了しましたら結果のご報告、お車の状態の説明、お車のお引渡しをいたします。

車検料金最大3000円引きプラス特典付き

車検基本料金表

車 種 軽自動車 小型乗用車 中型乗用車 大型乗用車 小型貨物
ワゴンRクラス ヴィッツクラス
1.0tまで
カリーナクラス
1.0〜1.5tまで
クラウンクラス
1.5〜2.0tまで
1.0〜2.0t 2.0〜2.5t 2.0〜3.0t
申請代行料
事務手数料
3,150円
車検基本料金 7,350円 8,400円 8,400円 8,400円 8,400円 8,400円 8,400円
重量税 7,600円 20,000円 30,000円 40,000円 7,600円 11,400円 15,000円
※注1
自賠責保険料
(12ヶ月又は
24ヶ月)
21,970円 24,950円 24,950円 24,950円 14,190円
検査登録
印紙代
1,400円 1,700円 1,700円/
1,800円
1,800円 1,700円
合計金額 42,520円 59,250円 69,250円/
69,350円
79,350円 36,090円 39,890円 43,490円

※1 2011年4月から自賠責保険料が改定となっています。
●点検・検査の結果、車検に通らない箇所がある場合及び、お客様に別途ご希望がある場合には、別途作業、整備工賃・部品代・及び消費税が加算されます。
●お支払いは、お車入庫時に現金・カード又はローン(1ヶ月前までに手続き完了)にてお願い致します。
●外国車・Wタイヤ・本表記記載以外のお車は別途ご相談下さい。
●不正改造車はお断りします。
●入庫時の際には、お車・車検証・旧自賠責保険証・納税証明書と総額をご持参下さい。

さらに車検早期予約特典

なんと、高級消臭芳香スプレーをプレゼント

車検早期予約特典

車検について問い合わせる